2017年新作入荷 浮見堂小雨 浅野竹二作品 Takeji Asano TA-9 - www.creativekonnect.in

2017年新作入荷 浮見堂小雨 浅野竹二作品 Takeji Asano TA-9

浮見堂小雨 浅野竹二作品 Takeji Asano TA-9

画寸 36.5x24cm日本版画界の巨匠、浅野竹二の後刷作品です。土田麦僊の門人。京都市生まれ。小林清親による「東京名所」に触発されて新版画といわれる彫師、摺師との分業による木版画を制作し始め、主に日本の名所や行事などを写実的に表現した「名所絵版画シリーズ」を手がける一方で、自画、自刻、自摺りにこだわった、自由な表現を用いた創作版画も制作していった。画壇からは一線を画した独自の世界を貫いた竹二の創作版画は完全な抽象ではなく、鳥や虫や魚、馬、ラッパを吹く人物などを自在にデフォルメして多彩なイメージをつくりあげている。その画面からは大胆なフォルムと色彩で構成されたユーモアがあふれ、温もりと溌溂とした風刺の精神及び童心と詩情がうかがえる。今回の作品は竹二の写実的で繊細な風景を描いた作品となり、雨の中の浮見堂を抒情的に表現しており、まさに竹二の作品の両面性を表現しているといえるだろう。
カテゴリー:おもちゃ・ホビー・グッズ>>>美術品>>>版画
商品の状態:新品、未使用
配送料の負担:着払い(購入者負担)
配送の方法:クロネコヤマト
発送元の地域:京都府
発送までの日数:2~3日で発送
キーケース COACH

今日は深夜に仕事の予定が入ったので一度帰宅して走りに行ってきました。



走り出してしばらくはペースが上がらなかったのでしばらくキロ5分30秒で巡行し、6kmを過ぎたあたりから少しずつペースを上げてみました。ラスト5kmはキロ4分30秒を超えないペースを意識して走ってきました。走り終えたら仕事に行かないといけないし足の違和感もあったのであまり負荷をかけずに済ませちゃいました。


さて。

上でも書いたとおり今日はキロ4分30秒を意識して走ったのですが、このペースがフルの目標タイムである3時間10分のペースです。4分30秒で走り切れば3時間9分50秒くらいなのでぎりぎりですが3時間10分は切れます。


キロ4分30秒というのはいまの自分にとってはそんなに速いペースではなくて、例えば10kmや20kmならまったく問題なく走り切れるくらいのペースですし実際に練習でも走っています。そして実際に走っグッチのキーケース松本零士 銀河鉄道999 エターナル・ファンタジー シルクスクリーン 版画絵画,


ただ、じゃあこのペースでフルを走り切れるのか?というと正直ちょっと自信がもてないなと最近ずっと感じていました。


フルマラソンを走っていていつも思うのは35km以降の自分は別人28号だということです。
どれだけそこまで余裕で走っていても35kmを超えたらそれまでと同じペースを維持することはとても難しいです。もちろんそこはがんばってペースを落とさないように努力するし、過去に走ったフルマラソンでも35km以降のタイムがそこまで悪かったということもあまりないのですが、でも35kmを過ぎたら同じようには走れないと思っています。

だから目標タイムを達成するために必要な平均ペース(今回のわたしの例で言えばキロ4分30秒)をどのくらい余裕をもって走れるのかというのはすごく大事なことだと思っているのですが、どうも期待していたほどキロ4分30秒というペースが楽に走れるペースに感じられないということが最近わかってきてどうしたものかとちょっと悩んでいます。


キーセース,

コメントを書く

2017年新作入荷 浮見堂小雨 浅野竹二作品 Takeji Asano TA-9 - www.creativekonnect.in

プロフィール
注目記事